人間には太るシステムがある

| トラックバック(0)

人間は太る生き物です。

人間には節約遺伝子というものがあるそうです。
これは通常は非活性で、身体が飢餓状態に陥ると活性化するのだとか。
節約遺伝子が目覚めると、わずかな栄養も余さず脂肪として蓄積し始めます。

いつ食料が手に入るか定かでなかった太古の時代の、優れた生存システムです。

現代の日本では、そう滅多なことでは飢えることはありません。
なのに、この生存システムが活躍してしまうことがあります。

食事制限という誤ったダイエット。

極端な減量や偏食、一品ダイエット。
これらで栄養不良になると、節約遺伝子が頑張ってしまいます。
次に充分な栄養が摂れるまで身体を保たせなければ!
脂肪を溜めるぞ!

痩せたいはずが太る一方。

ダイエットのためには、節約遺伝子に休業してもらわなければいけません。

⇒ ☆モデ痩せ - 芸能人と女優が実践するモデルのキレイ痩せダイエットの方法

身体に栄養不良を認知させず、食べたものはしっかりエネルギー消費する。
食事の量ではなく、摂り方にポイントがあるのです。
そのポイントをマニュアル化したものが「モデ痩せ」です。

体内のエネルギー生成器官が活性化する食べ方を紹介します。
この食べ方を実践すれば、栄養は残らず利用されます。
身体の隅々まで栄養が行き渡って、溌剌とした身体になります。

⇒ ☆モデ痩せ - 芸能人と女優が実践するモデルのキレイ痩せダイエットの方法

「モデ痩せ」で栄養が隅々まで循環する身体になりましょう。
綺麗に痩せますよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ebook.sp.land.to/x/mt-tb.cgi/140

工務店・一戸建て・不動産なら自然素材の家づくり

心も体もやすらぐ家づくり。一戸建て・工務店・不動産をお探しなら、スペシャルハウスでオリジナルの家づくり。自然素材の家(一戸建て・注文住宅)は、住む人の心と身体を癒し、深いやすらぎを与えます。

QLOOKアクセス解析